サラリーマン

仕事に対するモチベーションは人それぞれだ。


自分のやりたいことや好きなことを仕事にしていて、仕事そのものがやりがいだ、という人もいれば、社会や人のために働いているんだ、という人もいる。もちろんお金を稼ぐということも普通に大事なモチベーションだと思う。


そしてこれらのどれにも当てはまらず、ただただ「やらなければいけない」から仕事をして、辛い毎日を送っている人もいるだろう。

お金を稼ぐことがモチベーションになっている、というのとも少し違って、そこに喜びを感じるいうより、生活していくために止むを得ず稼いでる(働いている)というイメージが近い。


僕もずっとそうだった。営業職なので、何かを生み出すわけでもない。かといって売上目標があって、それを個人的に達成して喜びを得る、というような仕事でもない。売上じゃなくても、成し遂げたい目標があるわけでもない。人に感謝されることもなく、むしろ怒られることが多くて、こんなことをあと何年続けるのだろうとうんざりしていた。


自分の考えを一般化しようとは思わないが、これについては同じように悩んでいる人も多いのではないかと思う。


だけど最近、うちの会社のキャリア研修を受講する機会があって、そこでチームで仕事に対する思いを語り合うみたいな時間があった。


そこで同じチームのある人が、かなり印象に残ることを言っていた。


「自分は当面の目標は出世することです」


心底、なるほど、と思った。


その人は家族を何よりも大切にしたいから、偉くなって収入も増やしたいし、仕事量も自分でコントロールできる裁量が欲しい、との理由でそう言っていた。


前にも書いたが、自分は仕事をする上で目標を持てないでいた。そもそも目標を立てることが得意ではないし、言われたことをこなすので精一杯だった。


そんな僕にとって彼の言葉は衝撃的なほど納得感のあるものだった。目標は、出世すること、でいいんだ。


僕は人に褒められるのが好きだ。認められたい。すごいと言われたい。


サラリーマンとして生きているのなら、褒められる、認められるというのは即ち出世することである。


やっと自分の気持ちに素直な、本当に達成したいと思える目標が見つかった。


出世したい、と言うと、欲深いような、ちょっと悪いイメージもあるかも知れない。

でもそのイメージの悪さは、狡さや、自分を偽り人に媚を売る、というようなやり方が連想されているだけで、真当に仕事を頑張って、認められて出世することは、それこそサラリーマンの本懐なんじゃないだろうか。


僕と同じように目標やモチベーションが見つけられず、仕事を辛いと思っている人、そんな人だからこそ見落としがちな、出世街道という道も、ちゃんとあるんですよね。











So Young

いきなりのタイトルだけど、何かしらの文書にしておきたい考えがある。

お題をもらって書くという趣旨は、今回はお休みで。


一生青春、という言葉を耳にすることがある。青春とは若い時代を指す言葉ではなく、学びがあったり、楽しんでいれば、いつでもそれは青春といっていいんだよ、という意味なんだろうと解釈している。


ただ僕の考えはちょっと違っていて、青春時代というのはずっと続くものではなく、そこには終わりがあって、後から振り返って、あれは青春だったな、と懐かしむものなのではないだろうか。


若い時代に限らない、というのは少し納得する。例えば、40代、50代に人生が光り輝いていて、それを70代になって、あの頃が青春だったな、というのはアリということだ。


大事なのは、振り返ったときにそれが青春だと定義することなのだ。ある意味、懐古主義と似たようなものだ。


ちなみに僕の青春は、高校時代だと思っている。友人や学校に恵まれ、毎日割と限界まで頭を使ったり、体を動かしたりしていた。大学時代を含めてみても、あれほど濃密な時間を過ごしたことはなかった。もちろんこの時には、今が青春だ、とは思っていなかったし、そう思う時間もないくらい充実していたんだと思う。


こんなことを考えていると、この先の人生に希望はないように思えるかもしれないが、それは違う。


辛い日々もあるし、逆に幸せで、充実した日々もあるだろう。しかし、たとえどんなにその時が幸せで、一生懸命であろうとも、その時にそれを青春と感じることはできないのである。強いていうなら、そんな日々が落ち着いた、何でもないある日に、もしくは死が身近になって来た日に、ふといつかを懐かしみ、青春だったなぁ、と感じるのである。


ただ、その時にはそれを、青春とは言わないかもしれない。工夫もなく言えば、「美しい思い出」である。


なぜそれを青春とは言わないのか、というと、やっぱり青春とはその字のとおりで、青い、恥ずかしい、顔を伏せたくなるような思い出とセットなのである。

前段で、若い時代に限らない、に「少し」納得、と言ったのはココがポイントで、そんな恥ずかしいことは若いときにしかしないだろうし、したくもないからだ。


そんな諸々を含めて青春なのである。

そしてあの日々はもう帰ってこない。懐かしむだけだ。


だからこそ、その思い出は美しいものであり、だからこそ、青春と呼ぶべきものなのである。


SO YOUNG



一歳

 「一歳」というお題をもらったが、書きたいこととタイトルがリンクせずに悶々としていたらこんなに月日が経ってしまった。かなりの不定期連載っぷりですね。

 そもそも甥っ子が一歳になったので、このお題が選定されたのたが、この記事を書く前に姪っ子まで誕生して、いよいよ全くタイムリーな話題ではなくなってきている。

 一応、一般的な一歳児について調べてみると、ちょうどこの頃から体つきがすらっとしてきて、赤ちゃん体型から、幼児体型へと変わっていくそうで、つかまり立ちが出来る様になってくるらしい。ご飯も離乳食を卒業して、自分でスプーンやフォークを使いながら食べられるようになってくるそうだ。言葉のコミュニケーションでは、「○○、好き」「車、きた」みたいに2語くらいの文章を使いこなすようになる。

 一歳のお祝いでは、一升餅を背負いながら歩かせる、という行事がある。本人は何のことやら、という顔をしているが、そんなやらされ感もまたかわいく見えるものである。

 ちなみにこの前TVで観たが、韓国では、生まれてきたときを一歳として数えるそうだ。そういう数え方をするのであれば、まさしくあと半年くらいで我が子も一歳になる、ということですね。

 

 

え??と思っているそこのあなた、そうです。恐らくこのブログの唯一の読者である我が親友に、この場を借りてご報告申し上げます。

うちの奥さん妊娠しました。予定では、今年の11月にご対面できる予定です。

プロローグ

 ネットに文章を書くのは久々だ。私は今29歳だが、20歳の時に1年間はてなダイアリーで日記を書いていた。当時、はてなダイアリーは日記を製本してくれるサービスがあり(ほかのブログにもあったかもしれないが)、自分の日記も一年書き上げた後に製本してもらった。自分の文章が活字になり、一冊の本になったものを見たとき、自分が作家になったような気がして嬉しくなった。その時から漠然と「物書き」という仕事に対する憧れが芽生えてきた気がする。

 作家といえば私は椎名誠さんのエッセイが好きでよく読んでいる。仲間とキャンプをしたり、極地を旅したりしながら、その様子を文章にして人を楽しませるなんて、素敵な職業だ。大変羨ましい。しかも椎名誠さんはサラリーマンから転職して作家になった方で、そんなところも私に「もしかして自分も・・・」と思わせてしまうのである。(まあ椎名さんはサラリーマンといっても出版社勤めだったので、文章を書く仕事であり、自分の状況とは大きな差がある。もちろん文才も。)

 ある日妻にもこの思いを話してみた。当然私も彼女も本気で作家を目指している訳ではないと承知の上だが「今何もやってないんだから、作家になりたいんなら、まずはブログでも書いてみたら」とアドバイスをくれた。全くその通りだと思った。とりあえず文章を書いて世に発信してみよう。

 ブログの内容についてだが、前回はてなでブログを書いていた時は日記として日々の記録を目的としていた。今回の目的はコラムニストやエッセイスト気分を味わうことだ。とはいえ何を書いたらいいのかわからない。社会に問いかけたい問題も特にない。さっそく躓いた。躓いたら妻に相談だ。

「お題をください。一週間に一個。食べ物でも何でもいいから。」

妻はあまり悩まずにお題をくれた。

「じゃあ最初のお題は『1歳』ね」

ちょうど甥っ子が1歳の誕生日を迎えて、その動画を見たばかりだった。ブログの1周年っぽいお題な気もするが、お題については基本的に私の意見は言わないようにしている。その方が自分の枠を超えて色々な内容を書けそうな気がするから。

 ということで早速次回からコラムスタートだ。一週間以内には書きたいと思う。